検索
  • 加藤千奈

フルイドアート

制作するにも、私のような具象作家はだんだん頭が硬くなるような気がしています。スケッチして、小下図作って、本画を描くルーティンの中で、もう少し感覚が使えるような作業は?っと考えていました。

そんな時にフルイドアートを見つけました。アクリル絵具を粘着度の高い溶剤で溶かして、画面に流しマーブリングのような模様が作れるのがフルイドアートです。

やってみるとこれが楽しい!ただただ色のバランスをとりながら、偶発的な模様を楽しみながら作れます。もっと偶発性をコントロールできないのかと絵具を垂らし、美しい表情をみせた後に絵の具は動きまた違う表情を見せます。乾いてみると、途中の方が良かったな…と思うこともしばしば。


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

起雲閣

MOA美術館