top of page
検索
  • 執筆者の写真加藤千奈

日本画制作過程:マスキングテープ

更新日:2018年11月4日


自分の制作で、少し変わってるのはマスキングテープを用いることです。描いた部分にマスキングテープを貼り、制作途中に大きく仕事を入れたり、マスキングテープの鋭利さを利用して書き込んだりもしています。

この画像がマスクして、大きく塗った後にマスキングテープを剥がしている状態なのですが、この時に『この状態も面白いな。』と思うことがあります。テープ越しに薄く見えたり、絵具がピリっと剥がされた部分があったりして、新たな形に見えたりします。次の作品にはこんな形を入れてみたら面白いかも?と思うきっかけになったりします。

ついでにマスキングテープは大量消費をするので、ホームセンターで大量に購入しておきます。メーカーによってテープに切り心地が違うのも分かるようになってきました。今の所、nittoの24mmと30mmを主に使っています。

画材屋さんもよく行きますが、ホームセンターも制作に必要な道具がかなりあります。そして、『この道具使ったら、どうなるかな?』とワクワク感を与えてくれます。気分転換にはホームセンターが一番です。


閲覧数:172回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クロッキー

今年の大学での仕事は、クロッキー授業の指導をしています。自分が20歳くらいのころは何かの隙間時間にクロッキーをしていて、電車で座れたらクロッキーするというマイルールもありました。 今はクロッキーをする時間よりも、モチーフの取材やら日本画制作の時間をいかに取れるかが問題です。 授業中に学生と一緒に5分クロッキーをしてみますが、久々の人物クロッキーで「おお、こんなに形間違えちゃうの私?」とか思いながら

Comments


bottom of page