検索
  • 加藤千奈

日本画制作過程:紙購入

最終更新: 2018年11月4日



画室の中に白樺が生えました。

中身は6×8尺の雲肌麻紙の生です。「生」というと、湿った紙が出てきそうな気がしますが、滲みどめを施してない紙です。滲みどめを施してあるものは「ドーサ引き」です。実際はドーサではなく松ヤニの粉を混ぜて梳いてるとか?

6×8尺サイズなので、大体1尺が30㎝として180×240㎝の大きさです。ついでに青いテープが私の身長164㎝です。身長越されました。

もう1サイズ大きくなると、最大の7×9尺になります。個人的には読み方が好きです。

3×6尺←サブロク

4×6尺←シロク

5×7尺←ゴヒチ

6×8尺←ロッパチ

7×9尺←ヒチク


なんだか可愛いです。

ロッパチからは2m近く、車にしろ電車にしろ折らないように運ぶのが大変です。


#日本画 #japanesepainting #katochina #加藤千奈 #art #和紙

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

更新しました

近々ある展示のお知らせを更新しました。 NEWS https://www.k-chinart.com/news 出身地である名古屋松坂屋画廊での展示があります。 そのあと名古屋三越での展示。 短い期間で栄で2度展示があります。 また今年は東京と沖縄でも展示があります。 どこかでご覧いただければ幸いです。 勤め先の美術予備校も忙しい季節になりました。また3月は5回目となるがグループ展があります。目ま

COPYRIGHT ©︎ 2018  KATO CHINA AII RIGHTS RESERVED.