top of page
検索
  • 執筆者の写真加藤千奈

日本画制作過程:絵具購入

更新日:2018年11月4日


絵具届きました。右の錆鼠10番は15両あります。これで今の絵が描けるぞ、と思います。

絵具が少なくなるとケチくさく使うようになってしまいます。シャンプーも買ったばかりだと、豪勢に使ってしまいますが、残り少なくなるとチマチマと使い1日でも伸ばそうとしてしまいます。ケチくさい絵にならないように、なるべく画室には絵具をストックしておきます。

今回の絵具は京都の画材屋さんにしか売っていない絵具なので取り寄せました。画材屋さんによって微妙に並んでいる絵具が変わります。特にこの京都の画材屋さんは自社で絵具を作っているので、ここでしか手に入らない絵具が沢山あります。絵具さえ分かっていれば、電話で取り寄せができます。

今回お電話した際「この度の台風で京都は結構被害が出てしまい、発送にお時間がかってしまいます。」とのお話がありました。以前も和紙工場が台風で浸水し、紙が使いものにならなくなったということがありました。

先般の震災により被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クロッキー

今年の大学での仕事は、クロッキー授業の指導をしています。自分が20歳くらいのころは何かの隙間時間にクロッキーをしていて、電車で座れたらクロッキーするというマイルールもありました。 今はクロッキーをする時間よりも、モチーフの取材やら日本画制作の時間をいかに取れるかが問題です。 授業中に学生と一緒に5分クロッキーをしてみますが、久々の人物クロッキーで「おお、こんなに形間違えちゃうの私?」とか思いながら

Commentaires


bottom of page