検索
  • 加藤千奈

日本画制作過程:裏彩色

最終更新: 2018年11月4日

大下図までの制作の間、本紙の方も少し工程を挟んでいました。

墨とドーサ液による、本紙の裏への仕事をしていました。日本画では裏彩色と言われますが、今回は基本墨だったので無彩です。

ドーサ液という滲み止めの液を作り(膠+お湯+極少量の明礬)、本紙の裏から霧吹きします。わざと水玉みたいな部分も作ったりします。その後乾いたら墨を霧吹きして乾かすと、なんとも不思議な斑模様ができます。

↑パネルに張るとこんな感じです。

日本画では高価な霧吹きを使用しますが、墨やドーサ液を使ってしまったらすぐにサヨナラになってしまいます。なので私はホームセンターで安く買える園芸用のプラスチック性の霧吹きを使用しています。かなりお安いのでおすすめです。


#日本画 #japanesepainting #katochina #加藤千奈 #art #犬 #グレートデン #戌年

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

更新しました

近々ある展示のお知らせを更新しました。 NEWS https://www.k-chinart.com/news 出身地である名古屋松坂屋画廊での展示があります。 そのあと名古屋三越での展示。 短い期間で栄で2度展示があります。 また今年は東京と沖縄でも展示があります。 どこかでご覧いただければ幸いです。 勤め先の美術予備校も忙しい季節になりました。また3月は5回目となるがグループ展があります。目ま

COPYRIGHT ©︎ 2018  KATO CHINA AII RIGHTS RESERVED.