top of page
検索
  • 執筆者の写真加藤千奈

真綿箔の箔張り中

真綿箔の張り替えをして、すぐに使いました。張り方にも匙加減が必要です。真綿が少ないと、箔に切られてしまい脆い状態になってしまいます。真綿が多すぎると、箔が画面にくっつけず意味がなくなってしまいます。適量を枠に均一に伸ばし、ニスで固める。今回の枠はなかなかいい状態です。毎回同じ張り方にならないのが魅力だし、一点ものとしての価値が上がります。

閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page