検索
  • 加藤千奈

絵具の粒子


少し画像を加工して、絵具の粒子を分かりやすくしてみました。

私が専攻を日本画にしたのは、絵具の粒子を選んだり、金属の箔を使ったりと、画材として扱う幅が広いことにあります。


粒子感がほとんどない「白」から、スクラブぐらいの粒子感の「5番」など番号で粒子が変わり、描いてる時も「ここは◯番かな?」など考えながら描きます。

粒子があると混色しても、粒で見えるので色が完全に混ざることはありません。


そこに金属の箔という、光沢での表現もありまったく手に負える素材な気がしません。


だから飽きずに制作できるのかと思っています。


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

更新しました

近々ある展示のお知らせを更新しました。 NEWS https://www.k-chinart.com/news 出身地である名古屋松坂屋画廊での展示があります。 そのあと名古屋三越での展示。 短い期間で栄で2度展示があります。 また今年は東京と沖縄でも展示があります。 どこかでご覧いただければ幸いです。 勤め先の美術予備校も忙しい季節になりました。また3月は5回目となるがグループ展があります。目ま

COPYRIGHT ©︎ 2018  KATO CHINA AII RIGHTS RESERVED.