top of page
検索
  • 執筆者の写真加藤千奈

職場の卒業制作展を見に

昨日は名古屋造形大学の卒業制作展に行きました。非常勤講師として働いてる大学で、私が初めて見た生徒が今年で卒業です。これからどんな道を行くのか?別れ道にはどの道を選んで進んで行くのか?大学を出たあとは選択の連続だと思います。大学での生活で力をつけた人は力強くすすんでいけると思います。


大学と愛知県美術館と2ヶ所で展示されています。アナログ人間なのでプロジェクションマッピングの作品ではしゃいでしまいました。

自分もまた卒業制作のように長考しながら描く絵をつくりたいなと思いました。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クロッキー

今年の大学での仕事は、クロッキー授業の指導をしています。自分が20歳くらいのころは何かの隙間時間にクロッキーをしていて、電車で座れたらクロッキーするというマイルールもありました。 今はクロッキーをする時間よりも、モチーフの取材やら日本画制作の時間をいかに取れるかが問題です。 授業中に学生と一緒に5分クロッキーをしてみますが、久々の人物クロッキーで「おお、こんなに形間違えちゃうの私?」とか思いながら

東京展示拝見①

先週になりますが、東京に行ってました。同級生の川﨑麻央さんの展示が2箇所であると案内が届き「お!これは行って見てみよう!」と思い向かいました。 1つ目は中目黒にある郷さくら美術館にて開催されてる「FROM-それぞれの日本画-」です。こちらは大作での8人の作家のグループ展。 入ってすぐの場所に川﨑さんの絵がありました。10代の頃から作品を見ていますが、最近は線のような一筆塗りで決めていく作品が特徴的

Comments


bottom of page