top of page
検索
  • 執筆者の写真加藤千奈

2023年

2023年は色々と変化のある年でした。

3月には大学生の時から講師をしていた美術予備校を辞め、大学の非常勤講師と作家活動になりました。その生活になって一番変化したのは描くペースが上がったことでした。働く時間が減って絵の制作時間がまとまって取れたことでスピード感持って描くことができました。

そして10月の阪急神戸、12月での仙台三越と個展を開催できました。作品をご高覧いただいたり、ご購入していただいたり、ありがたいかぎりです。やはり作品が売れないと、制作の継続が厳しくなるのが作家の抱える悩みです。


来年は猫と花を多めに描こうかと思ってます。なので花のスケッチをタイミングよく行っていかないとまた1年後になってしまうので要注意です。立葵と朝顔はお庭で育てます。猫ちゃんは猫ネットワークで色々な子に取材をしていこうと思います。飼っている猫は多くなると思いますが。



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅の花

bottom of page