検索
  • 加藤千奈

共シール


以前から作ってみたかった共シール。なぜ共シールというのか?良く知りませんが共シールと言われています。額装の裏に保護カバーをつけて、このシールを固定します。


なんでもオリジナルのものにしてしまいたくなるのが作家心。


ゴム判に彫刻刀で筋を残して削る。

紙は、絵を描いているとどうしてもできるあまり紙を利用。あまり紙と言ってますが、高価な和紙ということは変わりありません。

作ってみましたが、また改良したくなりました。


少し変わった紙の共シールも作ってみたくなってきました。そんな時は…!

名古屋には「紙の温度」というお店があります。そのお店には多種多様な紙が揃っています。時間に余裕ができた時、ショッピングしに行こうと思います。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

更新しました

近々ある展示のお知らせを更新しました。 NEWS https://www.k-chinart.com/news 出身地である名古屋松坂屋画廊での展示があります。 そのあと名古屋三越での展示。 短い期間で栄で2度展示があります。 また今年は東京と沖縄でも展示があります。 どこかでご覧いただければ幸いです。 勤め先の美術予備校も忙しい季節になりました。また3月は5回目となるがグループ展があります。目ま

COPYRIGHT ©︎ 2018  KATO CHINA AII RIGHTS RESERVED.