top of page
検索
  • 執筆者の写真加藤千奈

砂子撒き

今回の作品は砂子を撒こうと思っていました。

この砂子は最後に撒きます。撒いてから絵具を塗ると、砂子が動きますし箔が霞んでしまいます。ジワジワと耐え最後のフィニッシュに行います。


今回の砂子筒は荒目。金箔用の砂子筒で撒きます。砂子筒は一つの種類専用で使わないと、前に使った箔が混ざってしまいます。なので、これは金専用だす。


伝統的な技法を使いつつも、現代の環境の中で育まれる感覚を絵に出せればと思っています。

閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示

紙の温度

Comments


bottom of page