top of page
検索
  • 執筆者の写真加藤千奈

仕上げ

作品は3点くらい同時に制作しています。絵具を塗って乾くのを待つので複数枚あった方が効率よく制作が進まれますが、使える腕は自分の右腕一本なので複数枚あると頭のスイッチは切り替えしてます。概ね何点か完成した時に「これは砂子があった方がいいな」と思う作品があります。今回は3点とも砂子を撒くことにしました。


砂子は網の着いた竹筒に箔を入れて、細かくした箔を画面にドーサ液でくっつけます。スプレーでドーサ液を噴霧して、砂子撒き。

砂子がしっかりくっついてないと取れてしまい、額の中で落ちてしまうのでドーサ液をまた上から噴霧します。


金箔が細かくキラキラしています。ぜひ見て頂きたいです。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

紙の温度

Commentaires


bottom of page