top of page
検索
  • 執筆者の写真加藤千奈

日本画制作過程:割パネ(工具紹介)

更新日:2018年11月4日

他の女流画家さん見てると「こんな人でもインパクト使ったり、力仕事してるんだよなぁ...。」と思ってしまいます。(女流画家さん細い人多いので)

私はそれなりに体躯はしっかりしているのですが、力仕事が必要な部分はグッタリしてます。

大作になるとまずそのパネルも大きくなります。パネル同士を連結して大きなパネルにする方法があります。割パネと言います。家での収納時には、連結を解いてコンパクトに収納できる利点があります。しかし、柱の本数が増えるので重くなるのと、分割線が絵の大事な部分に走る可能性があります。


画像はパネル同士をくっつけて、インパクトドライバーで穴を空けてボルトで連結している状態です。パネルのネジ打ちなどはmakitaのペンインパクトドライバーを使用しています。(画像中に転がってます)makitaはとってもパワフルなので、早く作業が進みます。額付に使用するとそのパワフルさで額を傷つける可能性があるので、私は額付時はboschのixoを使用します。


ボルトも手びねりしやすい頭のものが作業効率が良いです。画像のように、紙を貼った後にギューと圧着しやすいです。

私は力のない女性でも使用しやすい工具や器具で対応してます。


閲覧数:359回0件のコメント

最新記事

すべて表示

保護猫カフェへ

新学期となり、新年度の仕事がまたはじまりました。好きに過ごした日々からのギャップがなかなか…、その分休みの日は好きなことをするのですが。 バインミーが好きなので、愛知県美の近くにあるお店で食べてから、絵のネタ探しに以前から気になってた保護猫カフェひとやすみさんに伺ってみました。 久屋大通から少し歩いたビルの2階にありました。錦にあるので高いビルと人の多い地域ですが、お店の中は静かでまったり。 寄っ

淡墨桜

ここ2年、根尾の淡墨桜に訪れていますが散った後の姿を見ています。「昨日の雨で散ってしまった」と言われて、あらあらと言った感じで。 ↑2023年の淡墨桜 今年は暖冬だから咲くのは早いのでは!?と思ってましたが、今年の桜の開花はここ10年中で一番遅いとか。ライブカメラで咲き具合を見ていましたが、3/29に咲き始めてから1日で5分咲きほどになってました。刻一刻と変わる先具合から、4/1のお昼にいけば満開

人気のタルト

最近朝散歩をしてます。運動する時間を作るように心がけてはいますが、なかなか続かない。漠然とした行動が苦手で、ただ歩くや喫茶店でボーっとするができない私。そこで目的地を作ることにしました。近場で神社やお寺に行ってお参りして帰ってくる。そういえば人気ケーキ店ことfikaのタルトを食べたことがない…今日の散歩の目的地はfikaにしました。 開店11:00に散歩して着いたらすでに4人並んでました。並んでい

Comments


bottom of page