検索
  • 加藤千奈

日本画制作過程:本画

最終更新: 2018年11月4日

スケッチやイメージ画に小下図など行程を経て、本画にたどり着きますが、転写した後はただ必死な戦いが続きます。どうにか絵になることだけで取り組みます。人間必死になると、なかなか考えれないものです。なので本画に入る前にじっくり吟味し、何をすべきなのか考えるのが大事です。本画でのことも今後書いていこうと思います。

タイトルはスケッチで出会った時に「王様みたいだ。」と思ったことから、「King」と名付けました。

こうしてできた絵ですが、スケッチから日本画に変わるだけでも6ヶ月、日本画の勉強を始めてからは10年。

ピカソが30秒で描いた絵に100万ドルとつけ驚かれていましたが、ピカソは「30秒ではなく、30年と30秒です。」と言ったと言います。その通り1枚の絵でも長い鍛錬や考えてる時間があり、制作はその末端になります。


#日本画 #japanesepainting #katochina #加藤千奈 #art #犬 #グレートデン #戌年

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

更新しました

近々ある展示のお知らせを更新しました。 NEWS https://www.k-chinart.com/news 出身地である名古屋松坂屋画廊での展示があります。 そのあと名古屋三越での展示。 短い期間で栄で2度展示があります。 また今年は東京と沖縄でも展示があります。 どこかでご覧いただければ幸いです。 勤め先の美術予備校も忙しい季節になりました。また3月は5回目となるがグループ展があります。目ま

COPYRIGHT ©︎ 2018  KATO CHINA AII RIGHTS RESERVED.